もしものときに慌てないパソコンデータ復旧業者の選び方

HOME » パソコンデータ復旧ソフト一覧 » ソフトを使った復元の危険性

ソフトを使った復元の危険性

市販やフリーのデータ復旧ソフトを使えば、業者に依頼しなくてもパソコンデータなどを取り戻せる可能性があります。ですが、それにはリスクも伴いますので注意が必要です。ここでは、自力で復元するメリット・デメリットをまとめてみました。

自分で復旧するメリット

パソコンやハードディスクに何らかの障害が起こっている物理障害の場合は、自力での復旧は難しく、信頼できる専門業者に依頼するのが一番です。しかし、単純なプログラム障害や誤った操作でデータを削除してしまった、ゴミ箱を空にしてしまったなどの論理障害の場合は、復元ソフトを使ってデータを取り戻せる可能性があります。る

そうすれば、専門業者に依頼するよりも低予算ですみます。また、専門業者といっても本当に信頼できる専門業者もあれば、専門的な知識や技術をもっていなかったり、わざとデータを壊すなどの悪徳業者も存在します。専門業者に依頼する際にはその見極めが必要ですが、自力でデータ復旧を行なうのであれば、そういった手間はいりません。

データの重要性を鑑みて判断する

低予算&業者の見極めの必要がないというメリットがある一方、自力での復元にはリスクもあります。まず、データが復旧できない場合があるということ。そして、単純な論理障害だと思っていのに実は物理障害も起こっていた場合、ハードディスクに傷がつくなど、さらに事態を深刻にする危険性もあります。そうなると、業者に依頼しても復元は困難です。

後者の場合、はじめから専門業者に依頼していれば数万円ですんだものが、状況をさらに悪化させてしまい、当初の何倍もの費用がかかってしまうということもあり得ます。そのようなことのないよう、自分でデータを復元する前に、そのデータの重要性について判断することが重要です。

取り戻せなくてもあきらめのつくデータや、多少面倒でも、再び作成できるデータの場合は、自分で復元を試みてもいいと思います。ですが、失ってしまったら二度と手に入れられないデータや、少しでも物理障害の可能性が考えられるときなどは、まず専門業者に相談してみたほうがいいかもしれません。

 
ページの先頭へ
即修復! パソコンデータ復旧マニュアル