もしものときに慌てないパソコンデータ復旧業者の選び方

HOME » ハードディスク故障対策 » 自分で修理しようとしない

自分で修理しようとしない

故障したパソコンやハードディスクなどを、自分で修理しようとするのも状況を悪化させる要因の一つです。よほど知識や技術に自信があるのではければ、こうした対処もしないでおきましょう。

物理障害の修理は自力では難しい

間違えてファイルを消去したり、プログラムの問題でデータが消えるなどの論理障害の場合は、復旧ソフトなどを使って自力でデータを復元することもできます。ですがパソコンやハードディスク自体に物理的なトラブルが起きている物理障害の場合、自分で修理するのは非常に困難です。

パソコンやハードディスクから「カチカチ」「カタカタ」「ガリガリ」など、普段しない音がする場合、物理障害が発生している可能性大です。そのような障害を起こしているときに、自分で修理しようとむやみにハードディスクを開けるのは危険なこと。ハードディスク内にホコリが付着したり、ディスクに傷をつけてしまい、復元がより困難になってしまう危険性があります。

パソコンやハードディスクは非常に精密な機械です。とくに、ハードディスクを開けた状態では、わずかなホコリやタバコの煙でさえも不具合の元になります。ほんの微少でも、ディスクに傷をつけてしまっては、復旧の可能性は格段に低くなります。

症状をさらに悪化させてしまう可能性も

専門知識と高い技術力をもった業者は、ホコリや静電気を徹底的に排除した専用のクリーンルームで作業を行なっています。それは、データの復元率をできる限り高めるためです。

こうした技術も環境もない状態で、データ復旧を自力で行おうとすると、ハードディスクの障害を進行させてしまったり、取り戻せる可能性があったデータを完全に失ってしまう危険性があります。

データを早く復旧させたい気持ちはわかりますが、あせるとさらに傷口を広げてしまうだけ。データ復旧はなるべく専門の業者に任せるのがベストです。

 
ページの先頭へ
即修復! パソコンデータ復旧マニュアル