もしものときに慌てないパソコンデータ復旧業者の選び方

HOME » パソコンデータ復旧業者を徹底比較 » 悪徳業者に要注意

悪徳業者に要注意

パソコンデータの復旧業者数の中には、いわゆる悪徳業者も存在することは否めません。実際に、私の知人がタチの悪い業者に依頼してしまい、法外な費用を請求されたことがありました。

そんなことにならないよう、ここでは悪質な手法で被害をもたらす業者の手口や、見極めるポイントについて紹介したいと思います。

悪質な業者の手口

■市販の復旧ソフトを使うだけ
データ復旧業者の中には、専門的な知識や技術をもたずに業務に携わっているところもあります。少しパソコンに詳しいだけの人間が市販の復元ソフトを使って作業しているだけだったり、ハードディスクを開けるだけで何もしないという業者もあるので、注意が必要です。

■ハードディスクから顧客データを抜き出す
データの復旧作業という名目で、ハードディスクから顧客データなどを抜き出し、別の業者へ転売したり、悪用したりする業者もなかにはあるようです。そのようなことのないよう、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

■ハードディスクを破壊する
復元業者がハードディスクを破壊するなんて、と思われるかもしれませんが、簡単な障害なのに、わざとハードディスクを壊して障害を複雑にし、より高額な費用を請求するところもないとはいえません。また、技術が伴わないため復旧できない場合、他社で復元されると自分の会社の信用が落ちるので、別の業者でも対処できないように破壊してしまうというケースもあります。

事前にしっかり確認することが重要

上記のような被害に遭わないためには、

  • 業者の技術力、実績をきちんと調べる
  • セキュリティ体制を確認する
  • 口コミで悪い評判がないかチェックする
  • 見積もりを取る際、担当者としっかり話をし、話の中で不明瞭な点や矛盾点がないか注意する

というように、不審な点がないかを事前に確認することが大切です。入念に調べずにハードディスクを渡してしまい、データが破壊されてしまってからでは遅いのです。

 
ページの先頭へ
即修復! パソコンデータ復旧マニュアル