もしものときに慌てないパソコンデータ復旧業者の選び方

HOME » データ修復の基礎知識 » 論理障害と物理障害

論理障害と物理障害

データを保存しているハードディスクの障害は、大きく「論理障害」と「物理障害」の2種類に分けられます。ここではそれぞれの症状の特徴について説明しましょう。

復元できる確率が高い論理障害

論理障害とは、ハードディスク自体は故障していないのですが、内部に障害が発生している状態をいいます。具体的には、以下のような状況が論理障害に該当します。

  • OSの不具合
  • ファイルシステムの損傷
  • 操作ミスによるファイル削除
  • ウイルスによる感染
  • 操作ミスによるドライブのフォーマット
  • OSのファイルの消失

論理障害の場合、高い確率でデータの復旧が可能です。しかし、スキャンディスクやシステムの復元、データの上書き、デフラグなどをしてはいけません。これらの対処によって、逆に完全な復元ができなくなる危険性があるからです。

論理障害が発生したときは、ハードディスクへのアクセスは控え、市販の復旧ソフトを試してみるか、業者へ依頼するようにしましょう。ソフトでもデータを取り戻せる確率は高いのですが、データの重要性によっては、信頼できる業者にお願いするほうが安全です。

個人での復旧は困難な物理障害

「物理障害」とは、ハードディスク自体に障害が発生している状態をいいます。物理障害が起こっているハードディスクには、以下のような症状が表れます。

  • パソコンが起動しない
  • ハードディスクから異音がする
  • 起動に極端に時間がかかる
  • アクセス速度が大幅に低下する
  • ファイルやフォルダをコピー・ペーストすることができない
  • ハードディスクから焦げたような異臭がする

これらの物理障害は、ヘッドクラッシュ、基盤の不良、スピンドルモーターの故障、メディアの不良セクターなどが原因として挙げられます。ハードディスクやパソコンを落下させたり、高温・高湿度にさらしていたりといった不注意や、落雷・火災・浸水といった天災、パソコンやハードディスクの寿命などから発生するケースが多いようです。

物理障害の場合、ソフトを使ってデータを復元するのはほぼ不可能です。上記のような症状が表れたら、専門的な知識を持った、技術力の高い復旧業者に依頼するのが賢明です。

 
ページの先頭へ
即修復! パソコンデータ復旧マニュアル